• 参加登録について
  • WEBで登録手続きをする
  • FAX/郵送/電子メールでの登録手続きをする
  • 応募要領
  • 応募要領(東日本大震災関連ボランティア部門)
  • Myページ
  • 登録活動一覧
  • 活動レポート一覧
  • 第2回(2010年)ホームページ
  • 第1回(2009年)ホームページ

第3回 Make a CHANGE Day 2011年10月22日(土)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


参加者名 あいおいニッセイ同和損害保険(株) あいおいニッセイ同和損害保険(株)
ワイヤーで育むきずな~車いすと子ども~
※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
E-mail hiroyoshi-matsuoka@aioinissaydowa.co.jp
ホームページURL --------
活動名 「障がいとアート」~きずな~
活動場所 愛知県 岡崎市 アピタ岡崎北店
活動日時 活動日:2011年10月22日(土)
時  間:10時 ~ 15時(5時間)
活動参加人数 29 人
活動の目的 アートを通じた障がい者と健常者(主にお子様連れの家族)の、共に認め合う場/つながる場(きずな)づくり。
活動内容 障がい者と健常者(主にお子様連れの家族)が、ともにワイヤーアートづくりを楽しみながら交流する。
活動の結果・感想 車いすの障がい者が、持てる身体機能(指先)を駆使して、ワイヤーアートを作る姿と、それを一緒に作ろうとする子どもたちの触れ合いに感動した。
障がい理解とお子様の情操教育としても最適であったと、後から親御さんより感謝の声をもらった。
会社として、会社員としてではなく、一個人として有意義な活動が出来たと自負している。
アピールしたいこと 車いすの障がい者が、持てる身体機能(指先)を駆使して、ワイヤーアートを作る姿と、それを一緒に作ろうとする子どもたちの触れ合いに感動した。
また、障がい理解とお子様の情操教育としても最適であったと、後から親御さんより感謝の声をもらった。
会社として、会社員としてではなく、参加した各々が個人として有意義な活動が出来たと実感したと思う。
あいおいニッセイ同和損保(以下あいおい)のボランティアパートナーであるNPO法人WAFCAは、従来より、広くアジアの障がい者を支援してきた団体であるが、地域のつながり(きずな)が密接なわが社と組むことで、日本における活動にも展望が開くことができる。
企業のあいおいと、NPO法人WAFCAのお互いの強みを発揮して、アート(針金細工)を媒介に、障がい者と健常者の仲立ちをできたことが、大いに意味のあることと思う。
活動を実施したことでの変化について 社員のボランティア意識が目覚め、10月11月は、毎週のように自主的に何かをするようになってきた。特に、NPOさんなど非営利団体とのつながりを意識するようになり、世のため人のためと言っては大げさかもしれないが、町のため子どものため障がい者のため・・という広がり・つながり(きずな)が持てるようになった。
今後も、ずっとこういう”きずな”を維持・拡大していきたい。

お客様から頂いた個人情報は、当社の個人情報保護方針で定める利用目的の範囲内で使用いたします。
当サイトは個人情報保護のために、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。